mac-trading.co.jp|Japanese Used Car Exporter
Company Profile in Japanese Language For dealers in Japanese Language
  Contact us
Home Car Inventory How to Buy How to Buy Company Information

会社案内|廃車も貴重な資源です

埼玉県公安委員会許可 自動車商 第431250013899号 さいたま商工会議所会員 第61264号

会社概要

  社名 株式会社マックトレーディング
  本社  〒339-0011 埼玉県さいたま市岩槻区長宮105
  電話  048-757-2725
 
  E-mail info@mac-trading.co.jp
  代表取締役 加倉井 誠
  事業内容 自動車、自動車関連用品の輸出、輸入販売
  資本金 1,000万円
  取引銀行 東京三菱UFJ銀行 みずほ銀行 武蔵野銀行

代表者プロフィール

  氏名  加倉井 誠
(マックは、アメリカ駐在時代のニックネーム)
  最終学歴 文学部英米文学科卒
  趣味

☆世界の道を車やバイクで走り、地ビールを飲むこと
(好きな地ビールは、小樽ビール、清里のロックボック、大阪のまりはなブラウン、海外ではハワイのBig Wave)
☆各種自動車、重機の運転と温泉めぐり
(所持免許:大型二種、大型自動二輪、大型特殊、けん引、車両系建設機械、小型移動式クレーン、フォークリフト、乙種四類危険物)
コスタリカのジャングルを4WDで走り抜けたかと思うと、マンハッタンではトラックを運転して中国移民と間違われる。日本では国際マラソンのボランティアでバスを運転し、外人を連れて温泉に入ったりする温泉ソムリエでもある。
最長は、アメリカ横断5000キロの単独ドライブ。
2010年は、関釜フェリーにハーレーを積んで日本を脱出。韓国一周2000キロを走りきり38度線に迫った!
2011年は、ハワイのオワフ島をノーヘルのハーレーで一周。 3月11日以降は、被災地支援を開始。チーム恵比寿の一員としてマイクロバスを運転し岩手県に通う。 (マイクロバスの運転ができるボランティアは常時募集中)

  将来の夢 パリダカールラリーに大型トラックで出場すること
  経歴 
・昭和59年

大学入学

・昭和63年

大学を休学し、バイクによる世界一周に挑戦。メキシコで時速100キロでガードレールに衝突し、右足を粉砕骨折。幸運にも近くの塩田で塩を生産していた三菱商事所有のジェット機でアメリカに運ばれ、手術を受けて奇跡の生還をはたす。

・平成2年

大学卒業後、キヤノンに入社

・平成6年

駐在員としてニューヨークに勤務

・平成10年

日本へ帰国

・平成16年

株式会社マックトレーディングを設立

・平成23年

被災地支援活動を開始(支援物資の送付、瓦礫撤去作業ボランティア、ボラバスの運行など)

・平成25年

防災士試験に合格し、さいたま市防災アドバイザーとなる。 埼玉県越谷市と熊谷市の竜巻被害、および伊豆大島での災害ボランティア活動に従事

・平成28年

熊本地震災害支援に従事。寄付を集めて現地で物資を大量調達し迅速に配布。
熊本地震支援募金

日本語のページ
無料廃車のページ
中古車買取とオークション代行のご案内
会社案内
代表取締役:加倉井誠のアメリカ駐在時代の写真

ご挨拶

私は車やバイクが大好きで、仕事やプライベートで世界各地を旅してきました。その中で、日本から輸出された中古車が異国の地で第二の人生を活躍している姿を多く見ました。
海外では日本の自動車メーカーの信頼性は大変高く、日本からの中古車輸出を心待ちにしている人たちがたくさんいることに気づいたのが起業のきっかけです。
また輸出のほかにも、海外の工業見本市などにも積極的に出かけ、円高を利用して海外から輸入したパーツや雑貨の販売も行っています。

また当社に持ち込まれる廃車は、解体されてリサイクルされます。あの東京タワーの鋼材も、朝鮮戦争で使われた米軍の戦車を解体して鋼材に戻したものが使われています。
資源のない日本は、自動車リサイクル先進国なのです。ぜひあなたの力も貸してください。
ご協力を心からお待ちしております。

(ちなみにこの写真は実写です。)

go to pagetop

Home | Car Inventory | How to Buy | FAQ | Company Information | Contact us

 
info@mac-trading.co.jp